シニアの趣味『レクリエーション吹矢』公認インストラクターとは

2018/06/04
シニアの趣味『レクリエーション吹矢』公認インストラクターとは

シニアの趣味『レクリエーション吹矢』では、全国に公認インストラクターとして活躍している方も大勢いらっしゃいます。5月13日にも本部のある昭島にてインストラクター資格試験が行われ5名の方が新たに公認インストラクターになられました。今回は全員女性で群馬の介護関係の方やサークルで責任者をやられる方などでした。ここで公認インストラクターとは何なのか簡単にご紹介したいと思います。サークルや教室で指導する目的から、今回のように施設(公的機関・民間機関など)などでレクリエーション吹矢を扱う場合や介護・福祉関係のカリキュラムでの指導や他の職員への指導、教育関連事業などでの指導(放課後教室等)・夏季休暇期間などの健康関連行事の中での指導、体育協会などの団体としての普及活動行事での指導など、指導の範囲範疇も多岐にわたります。また資格を利用した講師目的のサークル活動や教室での新しい方への指導や体験会などを行う事が出来ますし、地域コミュニティーでの活躍や講師などの仕事もインストラクターという立場で活躍が期待出来ます。実際にはレクリエーション吹矢と健康を記したテキストからの筆記試験とレクリエーション吹矢の特徴でもある3種類の的での合計点で判定する実技試験があり、それぞれの合格基準点に達すればインストラクターとして認定されます。現在200名近くの方が全国で活躍されています。サークル・団体・施設単位などでの複数人数での取得も出来ますので興味のある方はお問合せください。

日本吹矢レクリエーション協会の特徴のページへ

日本吹矢レクリエーション協会のサイトへ